読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとさんのライトな漫画ぶろぐ

おすすめ漫画をざっくり紹介していきますっ!隠れだけ漫画とかでてくるかも?

「透明なゆりかご」沖田×華 アウス・青い目の子供・命のかけら…産婦人科での真実を伝える作品

 透明なゆりかご

作:沖田×花

 

産婦人科って、

程度の違いはあっても

子供がほしい人が来ている

喜び、喜びのための施設

そうおもっていました。

 

 

産婦人科勤務経験を

実体験を交えて

産婦人科の世間のイメージと

全くの違う側面を伝えるこの作品

育児中、妊婦、妊活、等々

子供にかかわる人は

必ず読むべき作品です

 

 

透明なゆりかごを読む方法は

こちらの記事で説明しています。

>>無料で読める方法は?<<

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

透明なゆりかご あらすじ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

バイトとして産婦人科で働く沖田さん

 

見習いで、補助的な仕事ばかりでしたが

 

その中で特異な仕事もありました。

 

それは

 

命のかけらを集める仕事

 

つまり、

 

アウス(中絶)などで生まれてこなかった

 

子供になる前の胎児のかけら

 

それを集めて専用の容器に入れる。

 

 

施術の間、時が止まったような空間を

 

不思議に思いながらも、

 

淡々と進む施術

 

 

終わったおあとの

 

患者の顔を見てはいけないような気持ち

 

生まれてきて、

「おめでとう」と言ってもらえなかった

そんな命たちに

 

毎日くる業者に渡すとき

心のなかで「バイバイ」と

お別れをする日々。

 

 

重たい体験に

バイトを退職しようかな

そう思ったとき

出産に立ち会うことになります。

 

頑張って生まれた命に

心底感動する沖田さん。

 

 

産婦人科とは

消えるいのち

うまれる命

絶えず交差する不思議な場所でした。

 

 

そして沖田さんは今日も

生まれる予定だった命たちに

外の景色をみせて

いつものようにお別れを言います。

 

透明なゆりかごを読む方法は

こちらの記事で説明しています。

>>無料で読める方法は?<<

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

透明なゆりかご 感想

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

透明なゆりかごでは

一話簡潔でさまざま

出来事が紹介されます

 

中でも

日本人同士で結婚して

青い目で赤ちゃんが生まれたら

そら、びっくりしますよね

 

私には覚醒遺伝の友人がいますので

この話はでもなかったのですが

中でも私的にふつうじゃん?

って思っていたことが

実は世間では結構深刻な問題に

発展しちゃんだなーって

思いました。

 

 

ちなみに私の友人は

4代前のひいひいおじいさん?が

ドイツ人でした。

 

 

青い目ではないですが、

さらっさらのヴィダルサスーンみたいな

きれいな金髪でした(笑)

 

 

 

どの話も、沖田さんの

優しい画風で

しっとり読ませてくれます

 

育児、妊婦、妊活、夫婦…

とにかく、子供とかかわる

そんな可能性が少しでもあれば

ぜひ読んでいただきたい。

 

命って、今そこにあるのが喜びなんだって

思えるようになるはずです。

 

透明なゆりかごを読む方法は

こちらの記事で説明しています。

>>無料で読める方法は?<<