読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとさんのライトな漫画ぶろぐ

おすすめ漫画をざっくり紹介していきますっ!隠れだけ漫画とかでてくるかも?

囚 愛玩少女 感想・結末ネタバレ 結末 禁断シリーズへつながる悲恋ストーリー

f:id:lightning-san:20160818132759j:plain

 囚 愛玩少女

 

調教された少女は

男の手に見事に反応する体となっていました

自ら大事に育ててきた真珠に

歪んだ感情を持った紫蓮は

嫉妬にくるってさらなる行動にでます

 

 囚 愛玩少女 を読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      真珠の体

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

真珠を招き入れた黒栖でしたが

 

妖艶な魅力を持つようになった

真珠に抗うことはできませんでした

 

そして

紫蓮の手により

見事なまでに

男の手に反応する体になった真珠が

 

実はまだけがれていないことに

驚くのでした

 

しかし、

真珠を黒栖にとられたと

嫉妬した紫蓮は

そのまま激情に流されるまま

口ぎたなく真珠を罵り

真珠の処女を奪ってしまいます

 

 

 今まで押さえつけてきた

倒錯した愛情と感情

それを認めることができない紫蓮は

真珠を「玩具」として貶め

自らの感情を否定しようとします

 

 

それでも、紫蓮を思う真珠

 

お互いに思いながらも

すれ違う二人

 

さらに激動の時代の波にも飲まれ

翻弄されていく二人の愛の行方は?

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     屋敷の人形は?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

屋敷にあった人形は

実は紫蓮の母親のモノでした

 

本当は女の子がほしかった紫蓮の実母は

息子ではなく人形を子供に見立てていました

 

親の愛を知らないという点で

真珠も同じ境遇でした

 

文明開化とはいえ

混血児は珍しい時代

 

その様子から母親気味悪くおもわれ

しまいには女衒に売られてしまった真珠

 

その二人が愛し合うという事そのもの

いや愛というものに懐疑的になるのは

仕方ないかもしれません

 

人形をみて、

自分は人形の代わりなのだと

悲しみに暮れる真珠

 

一方で何度真珠を抱こうとも

真の意味でつながったと

感じることはできない紫蓮

 

 

紫蓮のもとから失踪しても

結局は連れ戻され

そして続く調教の日々

 

 

そして少女の体は大人へ成長していきます

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   囚 愛玩少女 結末 感想

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

少女の体が大人になったことで

紫蓮は真珠を手放す決意をします

 

 

社交界へデビューした真珠は注目の的になりますが

そんな真珠をみて、紫蓮は自分の気持ちに

再度直面させられます。

 

あの市で衝動的に競り落とした気持ち

 

それでも、紫蓮は

真珠の幸せの為に

思いをたちらねばと

また、

貴族として家の発展の為にと

長奈sなじみの菱沼まどかと婚約します 

 

 

しかし、そのことがきっかけで

自殺未遂をしてしまう真珠をみて

紫蓮はついに自分の気持ちに素直になります

 

 

しかし、時代は二人に優しくはありません

 

 

真珠を含むすべてのしがらみから逃れるために

紫蓮は出征を決意し戦場に旅立つのでした

 

 

時代に翻弄れた二人でしたが

心は通わせることはできたのでしょうか

 

 

お互いに会いに懐疑的な二人は

「自分はこの人に愛されない」

と最初から決めて考えてしまっていたのかもしれません

 

 

官能的な表現が続く作品ですが

藍に不器用な二人の純粋な愛を語る作品でした

 

 

来世で二人の幸せを祈りましょう

 

 

 囚 愛玩少女 を読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<