読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとさんのライトな漫画ぶろぐ

おすすめ漫画をざっくり紹介していきますっ!隠れだけ漫画とかでてくるかも?

江戸のたまもの 感想 あらすじ

f:id:lightning-san:20160818165035j:plain

江戸のたまもの

 

短編の時代小説の切り取ったかのような

良い話が話が続きます

普段読まないタイプの作品でしたが

人情話っていいもんですね。

 

 

江戸のたまものは

こちらの記事で読む方法を紹介しています

>>無料でお試し読みする方法<<

 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   江戸のたまもの あらすじ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

桟橋の先で

思いつめた表情で

うずくまる子供がいました

 

女遊びをして帰り道の

かんざし職人の和助は

それをみて

 

ははぁ…おっかさんに叱られたな

 

そんな軽い気持ちで

その少女を見ていました

 

 

すこしして

意を決したように立ち上がった少女は

そのまま、女衒と思割れる男と

夜の闇に消えていきます

 

 

自分が女遊びをしてきたにもかかわらず

思いかけず、その裏側を見てしまった和助は

その光景を忘れることができませんでいた

 

 

かんざし職人としてはかなりの腕前の和助は

頼まれた庄屋で丁稚奉公する少女を見やります

 

 

辛い目にあいながらも、

人の縁によって救われた少女をみて

和助は自分も人の縁で

あの少女を救おうと思います

 

自分が親方兄弟子に怒られながら修行した話

今では自分のかんざしに糸目をは付けないくらい

売れっ子の職人になった話

 

庄屋の「丁稚奉公に話て、かんざしを見せ

辛くなったr思い出せして頑張れと応援します

 

同じように

あの少女にもかんざしを渡して

元気づけてあげたいと思う和助ですが

少女の居場所を探すも全く見当もつきません

 

 

最後は一緒に見ていた蕎麦屋の親父に

かんざしを渡してくれと頼みに行きますが…

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    江戸のたまもの 感想

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

一枚の版画を見ているようなシーンや

時代なまりのあるセリフで

人情の大切さがしみじみ伝わってきます

 

 

時代背景もあるので、

そもそも女衒とかけしからん

とかなってしまうとあんまりですが

 

 

それでも、この時代に懸命に生きている人たち

そして、人と人とのつながりっていうのは

時代関係なくみんな求めているものなんだなぁと思います

 

 

今は時代を変えインターネットですが

根本はこういう人情っていうか

人の意志、気持ちがないとだめだなと思いました

 

 

 

江戸のたまものは

こちらの記事で読む方法を紹介しています

>>無料でお試し読みする方法<<