読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとさんのライトな漫画ぶろぐ

おすすめ漫画をざっくり紹介していきますっ!隠れだけ漫画とかでてくるかも?

青桜オペラ 感想・あらすじ 江戸時代遊郭恋愛復讐オペラ

f:id:lightning-san:20160820114836j:plain

青桜オペラ 

 

江戸時代の遊郭に売られた

武家の娘「朱音」は

その器量から

目をかけもらえるようになったが

それが仇になって

いきなり町に一人で客をとることに

 

そこで偶然出会ったのは

吉原でも有名な高利貸の惣右助に気に入られ…

 


青桜オペラを読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<

※サイト内で「オペラ」と検索してください

 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 青桜オペラ あらすじ ネタバレ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

武家の娘だった主人公の「朱音」は

両親の死により

江戸の遊郭吉原に売られてきしまいます

 

 

吉原に売られるという

過酷な状況でも

前を見据えしっかりした態度で

吉原の門をくぐる朱音は

 

吉原でも大見世の5本の指に入るという

曙桜に廓入りすることとなります

 

 

15になる朱音は

廓入りするには

少し年を行き過ぎていましたが

 

武家の教育

その器量から目をかけてもらい

花魁の「朝明野花魁」に

面倒を見てらうように

言われます

 

 

ですが、

朝明野花魁は年もいっている

どこの馬の骨ともわからぬ朱音を

面倒を見るのは嫌じゃと

あっさりと断ってしまいます

 

 

複雑な事情のあることをうかがわされる朱音は

どうしても、短期間のうちに一流の花魁になろうとしていました

 

朝明野花魁の言葉に

象牙も磨けば…

売り言葉に買い言葉で

吉原のなにもわからぬ朱音は

朝明野花魁を認めさせるために

ひとりで「素性のしっかりした客」を

捕まえなければならなくなってしまいます

 

 

青桜オペラを読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<

※サイト内で「オペラ」「青楼」と検索してください

 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   高利貸「近江屋惣右助」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

いきなり、色町に出たって

当然うまくいくはずなく

朱音は出会う男達から

ほうほうの体で逃げ出します

 

 

朱音は一息ついた神社で

一人の男にであいました

 

朱音の様子をみるなり

 

売られたのか!?

ざまぁねぇな!

 

同情されているのではなく

むしろ敵意と感じる視線を向ける男は

朱音の名前と廓のを聞くと

その場を去っていきました

 

 

吉原では有名な惣右助は

旗本の武士相手でも

そのキレる頭と度胸で

手玉に取っていきます

 

 

そんな壮介はなぜか

朱音を見受けするといって

見世に訪れました

 

大金を払ってでも

朱音を見受けしようとする

惣右助の意図を測りかねる朱音でしたが

きっぱりと断ります

 

 

朝明野花魁はなじみでもない男に

遊郭の女は見受けさせられない

見受けしたいならなじみになっておくなまし

 

 

気分を害した惣右助でしたが

朱音を見受けするのはあきらめない様子で

その夜のところは帰っていくのでした…

 

 

青桜オペラを読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<

※サイト内で「オペラ」「青楼」と検索してください

 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 朱音の目的 その後の展開 感想

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

回想シーンで両親の死がありましたが

武家ならではの腹切りって感じ?

ではなく、完全に殺された様子でした

 

 

朱音の目的はその復讐にあるようです

犯人の手がかりが

「腰の三日月の傷」であることなど

吉原で上り詰めて、

色々探ろうとしてる

 

 

両親の死の真相の為に

自分の身をそこまで貶めて

織ってきた許嫁を追い返してまで

朱音の覚悟に頭が下がります

 

 

そして、そんな朱音を一目見た時から

身請けしようとする惣右助も

なにかしら関係あるのかもしれません

 

 

朱音を追って

吉原に潜入している利一郎も

朱音の目的をしって

朱音が5歳の時に誓った通り

守っていく事を決心します

 

 

仇討ちと自分のお家再興

惣右助との関係

どちらも頭をよぎる朱音は

最後どういう選択をするのでしょうか

 

 

惣右助の気持ちや本心が

よくわからないまま進みますが

 

 

最新話では

ついに惣右助に組み敷かれ

接吻を受ける朱音

惣右助に惹かれている自分に

惣右助の本心を知ってしまった時

どうするのでしょうか

 

吉原物語でしかも裏事情は復讐あり

でもドロドロした感じにもならず

むしろ軽快な朱音と惣右助の会話に

気持ちよく読むことができるので

とてもおすすめの一つとなりました

 

 

青桜オペラを読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<

※サイト内で「オペラ」「青楼」と検索してください