読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとさんのライトな漫画ぶろぐ

おすすめ漫画をざっくり紹介していきますっ!隠れだけ漫画とかでてくるかも?

火葬場のない町に鐘が鳴る時 ネタバレ

f:id:lightning-san:20160820224948p:plain

火葬場のない町に鐘が鳴る時

 

10年ぶりに帰郷したみとず町は

夜6時以降に外に出てはいけない

冥奴様が襲ってくると言う言い伝えが…

そして、その言い伝えは今実態として

襲い掛かってくることに

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時を

読む方法はこちらの記事で紹介しています

>>無料で読む方法は?<<

 

  

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 火葬場のない町に鐘が鳴る時 あらすじ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 父親の仕事の都合で、

みとず町に10年ぶりに帰ってきた

主人公「卯月勇人」は

東京から田舎に引っ越すことになっても

嬉しそうにしています

 

勇人は昔、よく遊んだ女の子

咲との再会をちょっと期待して

ワクワクしていました

 

町中を散策していた勇人

昔よく遊んだところや

咲の家があったところ

壊れたままの自販機など

懐かしさを思い出しています

 

そして、ついに咲と再会しますが

どうやら、10年前に咲をみすてて

町を離れた卯月勇人に怒っている様子

 

最初、咲は冷たくあしらいつつも

勇人と再会を喜んでいましたが

夕方の6時になったことに気が付いて

血相をかえ勇人の手を引いて

急いで家に帰ろうとします

 

冥奴様がやってくる

 

みとず町では6時に不思議な金がなり

その音をきいたら夜明けまで絶対に外に出てはいけない

 

子供のころいいきかされていた

大人たちの言葉が思い出されます

 

そして不協和音のような鐘の音が鳴り響きました

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   現れる冥奴様 勇人の変化

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

本当に冥奴様と呼ばれる存在は

町を徘徊し始めます

 

咲のおかげで

部屋に逃げ込むことができた卯月は

部屋の前をうろつく冥奴様に

恐怖を覚えながら朝を迎えます

 

みとず町の謎について

夜中に山神竜二のことを思い出だした勇人

竜二と会うことにします

 

竜二に詳しく話を聞こうとしますが

話すことはないと突っぱねる竜二

 

そんなとき、みとず町の葬式に遭遇します

土葬が主流だったこの町では

最近は国の方針で火葬が義務付けられたそうです

土葬にかたくなにこだわる老婆に

竜二はなにやら声をかけ祈りを捧げると

老婆はおとなしくなりました

 

 

一連の出来事を見ていた勇人

再度この町を出ていくように言う竜児でしたが

卯月が咲と一夜をともにしたことを知ると

打って変わっていろいろ話始めます

 

 

そして、勇人が鐘をきくと頭痛がするようになったと

父に告げると、意味深な言葉を残して

父親は失踪しました

 

 

母親も父親の真意を悟ったらしく

平静を失いつつあります

 

 

勇人と竜児は冥奴のうごめく

禁断の夜の世界へ父を探すために

飛び込みます

 

 

鐘の音を聞いたことによる勇人の変化

冥奴様と呼ばれるものの正体

 

 

徐々に明らかになる謎に

いまだ不明なままの謎

 

勇人父親は無事でしょうか

そして何を知っているのでしょうか

 

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時を

読む方法はこちらの記事で紹介しています

>>無料で読む方法は?<<

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 火葬場のない町に鐘が鳴る時 感想

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

昔から住んでいた町なのに

勇人の町の記憶が抜けているのは

いろいろ関係しているのでしょうか

 

勝てない相手と思えた冥奴様ですが

意外に撃退できてるのがちょっと意外です

 

竜児ことドラゴンと勇人の掛け合い

咲との三角関係なんかも

良いスパイスでテンポよく進みます

 

ホラーものの怖い感じより

アクション、ミステリー要素が強く感じます

 

徐々に明かされる謎と

登場人物の魅力で

続きが読みたくなる作品です

 

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時を

読む方法はこちらの記事で紹介しています

>>無料で読む方法は?<<