読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとさんのライトな漫画ぶろぐ

おすすめ漫画をざっくり紹介していきますっ!隠れだけ漫画とかでてくるかも?

僕を殺さないで!~難病児童虐待殺人事件~ ネタバレ もとになった事件を調べる 生きたまま山中に放置されたら獣のエサになったのでは?

f:id:lightning-san:20161025102419j:plain

 僕を殺さないで!~難病児童虐待殺人事件~

 

 実際に起こった事件をもとに

再構築した作品が掲載されているこの作品集

 

表題になった「僕を殺さないで!」は

あまりの内容と救われないらだたしさ

そして母親の変化をまざまざと見せつけられるため

胸が苦しくなり、日常でもふと思い出して暗い気持ちになりました

 

僕を殺さないで!を読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<

 

※サイト内で「僕を殺さないで」と検索してください

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    僕を殺さないで!

もとになった事件は山形県の事件

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

この事件で実際に無残に殺されたのは

「加藤翔」君と言います

 

当時5歳

腎臓の病気を患わっているのは同じです

 

母親「加藤有美 」

本当の父親は不明です

同棲中「板垣直樹」と一緒に躾と称して

日常的に虐待を繰り返していたようです

 

そのため、専門医の診察をうけなければ死んでしまうのを承知で

病院に行くこともせず、ました、水分や必要な食事も与えないという

とても人間とは思えない仕打ちを行っていました

 

当然、衰弱していく翔君ですが

折檻されたことにより

外傷性ショックで瀕死になり

(恐ろしいのはまだ死んでいなかったと言う事)

山中に放置され死亡します

 

発見時は白骨かしていたと言う事ですが

それよりも、瀕死の状態で山中に放置されたと言う事は

生きたまま野生の動物に襲われた可能性もあるという事です

 

瀕死で動けない子供

 

野犬や狼…肉食の獣がほっておくわけないと思います

 

恐ろしい想像をしてしまいましたが、

瀕死の中でくらい山中に放置された翔君の気持ちや恐怖、絶望を思うと

今でもふと思い出して、心が締め付けられる気持ちを味わいます

 

加害者「加藤有美 」「板垣直樹」には

厳罰に処していただきたいですし、

二度と同様の事件が起きないようにしてほしいと思います

 

ですが、日々同様の児童虐待のNEWSは流れます

 

それは、自分の日々の行動の延長にあるのかもしれません

 

この作品は、子育てに対する今の自分の態度を見直すきっかけになります

 

少しでも、自分の行動を振り返って思うところがあれば

しばらくはくらい気持ちを抜けないかもしれませんが

読むべき作品です

 

 

僕を殺さないで!を読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<

 

※サイト内で「サバイバル」と検索してください