読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとさんのライトな漫画ぶろぐ

おすすめ漫画をざっくり紹介していきますっ!隠れだけ漫画とかでてくるかも?

  青春少年マガジン1978~1983 ネタバレ・感想 漫画家の青春を描く

f:id:lightning-san:20170323174009j:plain

青春少年マガジン1978~1983

 

青春少年マガジン1978~1983を読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<

 

※サイト内で「青春少年」と検索してください

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   新潟出身の漫画家の

   断崖絶壁からの復活

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 1,2の三四郎や柔道物語で有名な

 

小林まこと先生の実話をもとに描いた作品

 

 


小林先生がマガジンでデビューするところから

 

怒涛の漫画家人生を

 

二人の親交の深い漫画家を交えながら

 

面白おかしく描き切っています。

 

 

 

 

主人公の小林まことは

 

『格闘三兄弟』というマンガを投稿したことにより

 

100万円を獲得し本誌でのデビューも決定します。

 

 

 

 

受賞の報告を聞いたとたん

 

 

死の淵からよみがえるという

 

 

稀有な経験をした小林

 

 

 

 

同じく新人賞を狙っていた小野信二や

 

ほぼ同期の大和田夏樹は

 

皆お互いの作品をライバル視していたことと

 

熱いマンガへの情熱を持っていたことから

 

すぐに意気投合します

 

 

まるで悪友のような関係になって

 

いつもつるむようになった三人。

 

 

 


しかし、漫画を描くということは

 

想像以上の激務で睡眠した

 

 

 

 

時間は限りなく少なく

 

3人の関係は

 

前半の明るいものから

 

徐々に変化していきます。

 

 

 


リューマチの痛みに耐えながら

 

それでも漫画を描き続ける小野

 

 

 

 

精神的に不安定になり

 

小林に夜な夜な

 

電話を掛けるようになる大和田

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

3人の関係は終わりを告げます。 

 

 

 

 

いつもの小林作品よりも

 

シリアス色が強く、

 

ギャグマンガの裏側で

 

葛藤してきた漫画家の苦悩を知ることができる

 

貴重な作品です。

 

 

青春少年マガジン1978~1983を読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<

 

※サイト内で「青春少年」と検索してください

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 漫画家どうしの友情や苦悩

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 林、小野、大和田が本当に親しく、それでいていつもふざけていた若かりし頃の時代を象徴するようにそのころの漫画にはお互いがお互いの漫画に登場するシーンも紹介されていてとても自由だったんだなぁと感心してしまいました。

 

 


してそんな楽しい時代とは裏腹にどんどん苛酷になっていく漫画家の労働量とその犠牲になる漫画家の体や心を思うといたたまれない気持ちになります。

 

 


林先生はいつまでも二人のことを大切に思っているからこの漫画を描いたのかと思うと、胸が苦しくなります。

 

 

 

品の裏話っていうのは、必ずあるモノだと思いますが、こうやって表に出るのはなかなかないので、業界を目指す方には貴重なはなしになると思います。

 

 

青春少年マガジン1978~1983を読む方法は

こちらで紹介しています。

>>無料で読める方法は?<<

 

※サイト内で「青春少年」と検索してください